BLOG

大島聡人先生の論文が国際学術誌に掲載されました

大島聡人先生の論文が日本脳神経外科学会の公式会誌”Neurologia medico-chirurgica Case Report Journal”に掲載されました。横浜市立大学附属市民総合医療センター脳神経外科で経験した症例に、文献レビューを交えて報告した論文です。前頭蓋底部に発

長尾景充先生の論文が国際学術誌に掲載されました

長尾景充先生の論文が日本脳神経外科学会の公式会誌"Neurologia medico-chirurgica Case Report Journal"に掲載されました。長尾景充先生は現在、横浜市立大学循環制御医学教室 助手として研究にも従事されています。横浜市立大学附属市民総合医療センター脳

高山裕太郎先生の論文が国際学術誌に掲載されました

国立精神・神経医療研究センターの高山裕太郎先生の研究成果が国際学術誌"Brain Sciences"に掲載されました。本研究は、難治性てんかん患者における硬膜下電極と深部電極の併用植え込みの有効性と限界を明らかにすることを試みたものです。横浜市立大学脳神経外科てんかん診療グループで

三宅茂太先生の論文が国際学術誌に掲載されました

新型コロナウイルス感染症に関する研究成果が、国際学術誌"Medicine"に掲載されました。発熱患者を対象とした胸部CT画像のトリアージプログラムの有効性を検証した結果、このプロトコルでは、トリアージ陽性とされた患者群のうち、実際にPCR陽性であった患者は18.8%でしたが、一方でトリアー

三宅 茂太先生の論文が日本臨床スポーツ医学会誌に掲載されました.

三宅 茂太先生,末永 潤先生および横浜市立大学脳神経外科の同門である野地 雅人先生による論文が『日本臨床スポーツ医学会誌』に掲載されました.スポーツにおける脳震盪は迅速な判断対応が求められ,安全な競技環境のためには脳震盪の知識普及が不可欠です.本論文は,ボクシングアンダージュニア選手および

高瀬 創先生がスパズム・シンポジウムで優秀論文賞を受賞しました

高瀬 創先生は、当脳神経外科医局所属の次世代臨床研究センター助教であり、米ハーバード大学で脳血管障害の基礎研究にも従事されてきました。今回、令和3年3月に開催された第37回スパズム・シンポジウムにおいて、優秀論文賞を受賞されました。当該論文は、くも膜下出血後に髄液中に放出されたsVE-カドヘリンと

立石健祐先生の総説が「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました

横浜市大脳腫瘍グループの立石健祐講師の総説が2021年4月号の「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました。論文タイトルは「研究成果がもたらす脳腫瘍分子生物学の進展と研究者キャリアの展望」です。脳腫瘍研究を例に、研究の意義や課題について概説するとともに、実際の医療への応用を目指した例として著者

高瀬香奈先生の論文が「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました

高瀬香奈先生の論文が2021年4月号の「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました。本論文は、小児期の放射線治療から41年後に、照射野に膠芽腫と髄膜腫を併発した稀な症例の報告です。横浜市大脳神経外科腫瘍チームと協力して分子診断を行い、診断の一助となりました。今後も、横浜市大脳神経外科では、論文

三宅茂太先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

三宅茂太先生の、新型コロナウィルスの生物学的特性に関する研究が「digestive endoscopy」に掲載されました。三宅茂太先生は横浜市立大学脳神経外科の大学院生として新型コロナウィルス感染症についての臨床及び研究に従事してきました。論文は無症状の患者さんについて、上

高瀬創先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

高瀬創先生の脳梁の発生・グリア細胞の発達に関する基礎研究が『Stem Cell Reviews and Reports』に掲載されました.高瀬創先生は横浜市立大学脳神経外科の医局員として、米国MGHでの留学・研究を経て現在は藤沢湘南台病院の脳神経外科部長として診療に従事しています。

TOP