三宅茂太先生の論文がJ Infect Public Healthに掲載されました

横浜市立大学脳神経外科医局員の三宅茂太先生が、横浜市立大学附属病院の”チームCOVID”の一員として従事した成果をまとめた論文が、公衆衛生学分野の国際誌であるJournal of Infection and Public Healthに掲載されました。

チームCOVIDは、積極的な遠隔医療手法とCTファーストのプロトコルを導入して新型コロナ診療に対応しています。本稿では、実際の診療内容を紹介するとともに、COVID-19患者に対応した医療従事者の健康状態を評価しています。

分析の結果、チームCOVIDのメンバーは院内感染や過剰な精神的ストレスを感じることなく診療を遂行できていることがわかり、遠隔医療手法とCTファーストのプロトコルが有効に機能していると考えられました。

脳神経外科医は感染医療の専門家ではありませんが、このように工夫して取り組むことで、新型コロナ感染症の診療にも貢献できると考えています。