BLOG

入局をご検討頂いている先生方へ

私達の横浜市立大学脳神経外科教室にご興味を持ち,当ホームページにお越しいただき,誠にありがとうございます.医局長の大竹 誠と申します.横浜市立大学脳神経外科教室の大きな特徴は「学閥の垣根がなく風通しの良い医局」であることです.2023年度は10名の先生方に加わって頂きましたが,「皆が楽しそ

堀聡先生が手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンスにおいて優秀演題賞を受賞しました

横浜市立大学附属市民総合医療センターの堀 聡医師が、2024年1月27日に東京で開催された第11回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンスにて優秀演題賞を受賞しました。本学会は直達手術の手技に焦点を当て、ビデオの供覧を通して手術のコンセプトを広く共有することを目的としています。今回のテ

第5回 横浜市大脳神経血管内治療ウインターセミナーを開催しました

2024年1月20日,第5回横浜市大脳神経血管内治療ウインターセミナーを開催しました.本セミナーは今年で5回目を迎え,これまでのご協力に深く感謝しております.当日は67名の先生方にご参加いただき,協賛企業様を含め約100名が集まり,盛況のうちに終えることができました.午前中のセッシ

専攻医の提箸祐貴先生らの論文がJournal on Surgeryに掲載されました

当教室の専攻医、提箸祐貴先生らが協力病院であるあさひ病院で経験した症例報告が、Journal on Surgeryに掲載されました。この報告は、非常に重度の外傷性脳損傷を負った患者が、両側の頭蓋内血腫およびその他の合併症に対する手術と術後の全身管理を受け、自宅退院と社会復帰を可能にするまで

医学科学生の杉野杏夏さんが研究成果を日本脳腫瘍学会で発表しました

横浜市立大学医学部医学科4年生の杉野杏夏さんが、当教室脳腫瘍グループにてリサーチ・クラークシップを行っていた研究成果を2023年12月3−5日に開催された第41回日本脳腫瘍学会学術総会で発表しました。演題名:グリオーマにおけるMGMTメチル化短時間判定法の試みMGMTのメチル化はグ

立石健祐准教授らの論文がActa Neuropathol. Commun.に掲載されました

当教室 立石健祐准教授、山本哲哉教授らの研究グループは、希少な腫瘍性疾患であるIDH2変異星細胞腫の悪性化が、RB経路とPDGFRA経路の活性化を引き起こす遺伝子異常によって生じることを、臨床検体と同一患者由来の脳腫瘍モデルを詳細に解析することで明らかにしました。本研究成果は、「Acta

脳腫瘍グループの研究成果: 中枢神経系悪性腫瘍に対する 術中統合診断システム“i-ID”の開発成功が公表されました

当教室の悪性脳腫瘍研究グループ:立石健祐准教授(主任研究員)、林貴啓大学院生、山本哲哉教授らは、悪性脳腫瘍を迅速病理診断と分子診断を統合してわずか90分間で高精度に術中診断を行う新しいシステム“i-ID”を開発しました。研究成果は、米国癌学会学術誌「Clinical Cancer Research

日本脳腫瘍の外科学会のイブニングセミナーで秋本先生が講演を行いました

2023年9月29日の第28回日本脳腫瘍の外科学会において、イブニングセミナー「適応拡大になったヒストアクリルを用いた腫瘍塞栓の有効性」で附属病院の秋本大輔助教が講演をしました。術前腫瘍塞栓のrisk and benefitと題して、最近の腫瘍塞栓の有効性や役割に関するレビューを行い、co

TOP