立石健祐先生の総説がBrain Tumor Pathologyに掲載されました

立石健祐講師が執筆した中枢神経原発悪性リンパ腫(PCNSL)についての総説が、日本脳腫瘍病理学会の公式会誌である”Brain Tumor Pathology”に掲載されました。

当研究室はこれまでにも、難治疾患であるPCNSLに関する非常に重要な知見を数多く発表してまいりました。今回の総論では、これらの研究成果で得られた知見も交えて、PCNSLの治療法開発のための臨床病理学的およびゲノム学的な考察が論じられています。