新垣勇大先生の論文が脳卒中の外科学会誌に掲載されました

横浜市立大学脳神経外科の医局員である新垣勇大先生の論文が脳卒中の外科学会誌に掲載されました。

横浜市立大学で先端的な電気生理学的モニタリングを施行し、安全な血管内治療を行なった症例の報告です。

感染性脳動脈瘤の治療は、動脈瘤が末梢に位置することが多く、治療後に周辺の脳梗塞を来すリスクが高いことが問題となります。

本論文で示したように、横浜市立大学脳神経外科では手術中に脳機能をモニタリングする電気生理学的手法を行なうことで安全な治療を完遂可能でした。

今後も横浜市立大学脳神経外科では先進的な技術を用いて高度先進的な治療を提供し、その成果を社会へ還元します。