広川大輔先生の執筆した「頭蓋縫合早期癒合症」が脳神経外科速報誌に掲載されました

横浜市立大学脳神経外科の大学院生で神奈川県立こども医療センター所属である広川大輔先生が執筆された、「頭蓋縫合早期癒合症」が脳神経外科速報誌に掲載されました。

脳神経外科速報誌は国内の脳神経外科医に広く普及している専門雑誌です。

頭蓋縫合早期癒合症は小児領域に特徴的な疾患で種々の遺伝的背景をもち頭蓋の変形を来す疾患です。治療法や治療のタイミングは症例毎に検討する必要があり、専門的知識と経験を要します。

本稿の中で、頭蓋縫合早期癒合症について、専門医に必要な知識をわかりやすくまとめてあります。

横浜市立大学脳神経外科では、神奈川県立こども医療センターにおいて専門的な小児脳神経外科治療を展開しております。今後も、専門的治療の充実と教育に取り組んで参ります。