三宅茂太先生の論文が国際学術誌に掲載されました

横浜市立大学大学院在籍中に三宅茂太先生が行った研究の成果が国際学術誌 “World Neurosurgery“に掲載されました。

本研究では、松果体部という脳深部に到達するための手術方法(OTA:occipital transtentorial approach)について詳細に分析したものです。

本手術方法は脳神経外科の手術の中でも難しい部類の一つとされていますが、その要因として、深部にあるくも膜が厚く折りたたまれてガレン大静脈を覆っているため視界が悪いという点、およびこのくも膜の解剖学的構造が十分にわかっていないことが挙げられます。

本研究では、くも膜解剖の実際的な側面に基づいて、OTAの術野を安全に展開するための検討がなされました。

横浜市立大学脳神経外科教室では、引き続き安全な手術を施行するための研究も継続してまいります。