園田真樹先生が米国てんかん学会年次総会でthe Young Investigator Awardを受賞しました

当教室医局員の園田真樹先生が、米国シカゴで開催された第75回米国てんかん学会年次総会(American Epilepsy Society Annual Meeting:AES2021)で the Young Investigator Awardを受賞致しました。

演題名「Naming-related Spectral Responses Predict Neuropsychological
Outcome After Epilepsy Surgery」で、人工知能(AI)技術を用いたてんかん手術後の認知機能予後予測に関する研究発表です。