大学院修了および学位取得の報告

横浜市立大学脳神経外科では、令和2年3月に3名の大学院生が卒業し学位を取得しました。

上野龍先生:LOTUSを用いた軸索再生および神経機能回復を報告(Axonal regeneration and functional recovery driven by endogenous Nogo receptor antagonist LOTUS in a rat model of unilateral pyramidotomy)

田中貴大先生:脊髄慢性圧迫モデルを用い、エリスロポエチンが運動機能改善に寄与することを報告(Human recombinant erythropoietin improves motor function in rats with spinal cord compression-induced cervical myelopathy)

岸本真雄先生:脳梗塞急性期の再灌流療法時に惹起される再灌流障害を大きく改善する治療法の報告(Oxidative stress-responsive apoptosis inducing protein (ORAIP) plays a critical role in cerebral ischemia/reperfusion injury)

当科では引き続き、臨床・研究・教育を通じ社会貢献して参ります。