高山裕太郎先生が第54回日本てんかん学会学術集会で優秀ポスター賞を受賞しました

医局員の高山裕太郎先生(国立精神・神経医療研究センター病院)の側頭葉LEAT (low-grade epilepsy associated tumor)の外科手術に関する研究発表が、第54回日本てんかん学会学術集会で優秀ポスター賞を受賞しました。

十分に術前評価を行い適応を検討することで、側頭葉てんかん手術における認知機能の温存とてんかん発作抑制とが両立可能であることを示した研究です。

当医局では引き続き、国内の主要な学会において優れた研究成果を発表して参ります。