BLOG

池谷直樹先生の共同研究成果が公表されました

横浜市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室 池谷直樹助教らの研究グループ(Japan Young Epilepsy Section:YES-Japan /日本若手てんかん従事者部門)は、国内 24 ヶ所のてんかん医療施設と協力して、コロナ禍が日本のてんかん医療に与えた影響について全国規模の調査

長嶋 薫先生の論文が脳神経外科ジャーナルに掲載されました

当教室の医局員で、後期研修医3年目の長嶋 薫先生の症例報告が脳神経外科コングレスの機関誌である「脳神経外科ジャーナル」2022年第5号に掲載されました。関連施設の国立横浜医療センターで経験した症例を論文化したものです。タイトルと要旨は以下のとおりです。タイトル:異なる機序で発症した

園田真樹先生の論文がBrainに掲載されました

当教室医局員の園田真樹先生(現助教, 当時 客員研究員)の論文が臨床神経学の分野でトップジャーナルの1つである国際学術誌”Brain”(IF=13.5)に掲載されました。本研究では、会話中の脳表脳波信号を用いて、脳皮質切除術後に言語機能が保たれるかどうかを予測できることを明らかにしました。

笹目丈先生らの論文がClin. Cancer Res.に掲載されました

当教室の大学院生 笹目丈 医師、立石健祐 診療講師、山本哲哉 主任教授らの脳腫瘍に関する論文が米国がん学会誌 Clinical Cancer Researchに掲載されました。本ジャーナルはがん研究領域では世界トップクラスの雑誌(IF=12.5)であり、笹目先生が大学院生として研究室に配属

松永成生先生らの論文がJournal of Neurosurgeryに掲載されました

横浜市立大学脳神経外科の連携施設である横浜労災病院脳神経外科の松永成生先生(当教室同門)らの研究成果が、脳神経外科分野のトップジャーナルであるJournal of Neurosurgeryに掲載されました。転移性脳腫瘍に対する有効な治療法の一つとしてガンマナイフ治療(GKRS)がありますが

篠原直樹先生の論文がChilds Nerv Syst.に掲載されました

当教室医局員の篠原直樹先生が、神奈川県立こども病院勤務時に経験した神経内視鏡下での嚢胞開窓術に関する論文がChild's Nervous Systemに掲載されました。小児の脳室内嚢胞性疾患に対する内視鏡治療について報告した論文です。これまで、同疾患に対してはC-P(脳室腹腔)シャ

大友優太先生の論文がSurg. Neurol. Intに掲載されました

横浜市立大学脳神経外科医局員の大友優太先生らの症例報告が、Surgical Neurology Internationalに掲載されました。脳室内腫瘍は、一般にその成長とともに閉塞性水頭症になることがあります。しかし,中には脳室内腫瘍がほとんど成長していないにもかかわらず,難病の脳表ヘモジ

高山裕太郎先生の論文が、NMC Case Report Journalに掲載されました

当教室医局員の高山裕太郎先生の論文が、NMC Case Report Journalに掲載されました。本論文は、松果体部悪性腫瘍の集学的治療後に見られる薬剤抵抗性てんかんに関する報告です。このてんかんは焦点起始意識減損発作を呈しやすいものの脳波上の発作起始領域を特定することが困難な例が多く

TOP