BLOG

中枢神経原発リンパ腫 (PCNSL) の原因と進行のメカニズム及び治療標的分子の解明

横浜市立大学脳神経外科 悪性脳腫瘍研究グループ(研究統括:立石 健祐先生)は独自に樹立したヒト由来脳腫瘍マウスモデル(PDXモデル)を通じて,中枢神経原発悪性リンパ腫 (PCNSL) の腫瘍形成・進展機序の解明とともに,標的となる分子機構を明らかにしました.今回樹立したPCNSLのPDXモデルは生

篠原禎雄先生の論文が国際に掲載されました。

篠原禎雄先生の血管内治療に関する論文が『Journal of Neuroendovascular Therapy』に掲載されました.篠原禎雄先生は横浜市立大学脳神経外科の医局員として、脳卒中および血管内治療の専門医として現在は平塚共済病院で臨床に従事しています。論文は,動脈硬化性の

池谷 直樹先生の論文が国際学術誌に掲載されました.

池谷 直樹先生の,てんかんの外科治療に関する論文が『Journal of Neurosurgery: Pediatrics』に掲載されました. 限局性皮質異形成に対する難治てんかんの外科治療について述べたもので,島回切除症例における術後の認知・発達について評価しています.目立つ損失を生じることなく

菅野洋先生の論文が国際学術誌に掲載されました

横浜市立大学脳神経外科の同門である菅野洋先生および本学准教授の村田英俊先生の論文がJournal of Neuro-Oncology誌に掲載されました。論文は、フォン・ヒッペル-リンドウ病に関連する中枢神経血管芽腫において、VHL-JAK-STATシグナル系が腫瘍形成・腫瘍維持に重要な役割

三宅茂太先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

横浜市立大学脳神経外科では最先端の医療を提供するだけでなく、医学の進歩に寄与する開発研究も行なっています。今回、当教室の大学院生である三宅茂太先生が、同講師の末永潤先生、主任教授の山本哲哉先生と共同で「頭頸部の手術訓練のための御献体の利用に適した固定法」(論文へのリンク)を研究し報告しまし

TOP