高瀬創先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

高瀬創先生の頚椎手術法と合併症であるC5麻痺に関する論文が『Spine』に掲載されました.

高瀬創先生は横浜市立大学脳神経外科の医局員として、米国MGHでの留学・研究を経て現在は藤沢湘南台病院の脳神経外科部長として診療に従事しています。

論文は,頚部脊柱管狭窄症などに対して行なわれる手術法3手技を比較し、術後のC5麻痺の出現リスクに関して評価しています。過去の多くの文献を基に、リスクの低い術式を明らかにした総説です。