篠原禎雄先生の論文が国際に掲載されました。

篠原禎雄先生の血管内治療に関する論文が『Journal of Neuroendovascular Therapy』に掲載されました.

篠原禎雄先生は横浜市立大学脳神経外科の医局員として、脳卒中および血管内治療の専門医として現在は平塚共済病院で臨床に従事しています。

論文は,動脈硬化性の脳底動脈急性閉塞に対する困難な脳血管内治療についての高度な技術を紹介しています。動脈硬化性の脳底動脈急性閉塞のため、通常の血栓回収療法では血管の開存が維持できず、急性期にステント治療を併用する方法について論じています。特にカテーテルのアクセスルートとなる椎骨動脈の走行が急峻な場合にステントの移動が困難となりますが、本論文では2本のガイドワイヤーを用いてステントを適切な位置に留置することに成功しています。