三宅勇平先生の論文が脳卒中誌に掲載されました。

三宅勇平先生の脳血管障害に関する論文が「脳卒中誌」に掲載されました。

三宅勇平先生は横浜市立大学脳神経外科で助教として臨床および研究に従事しています。

論文では両側椎骨動脈解離の治療経験を報告しています。特に、症例では左椎骨動脈が大動脈から起始する(通常は鎖骨下動脈から)破格があり、このような破格のケースでは血流の変化により血管への血行力学的なストレスがかかりやすく、動脈解離を来しやすい可能性について論じています。