高寺 睦見先生の論文が国際学術誌に掲載されました.

高寺 睦見先生の脳腫瘍に関する論文が『Acta Neuropathologica Communications』に掲載されました.

先生は国立研究開発法人国立がん研究センターに留学し,脳腫瘍研究に従事していました.

論文は,テント上の上衣腫に特徴的にみられる融合遺伝子であるRELA融合遺伝子およびYAP1関連融合遺伝子について,それらの発癌能力をレンチウイルスを用いたマウスモデルで検討したものです.さらに本研究では,ゲノム編集を用いて内因性のRELA融合遺伝子がマウス脳内で誘導可能であり,融合遺伝子からマウス脳腫瘍を形成できることが証明されました.