中枢神経原発リンパ腫 (PCNSL) の原因と進行のメカニズム及び治療標的分子の解明

横浜市立大学脳神経外科 悪性脳腫瘍研究グループ(研究統括:立石 健祐先生)は独自に樹立したヒト由来脳腫瘍マウスモデル(PDXモデル)を通じて,中枢神経原発悪性リンパ腫 (PCNSL) の腫瘍形成・進展機序の解明とともに,標的となる分子機構を明らかにしました.今回樹立したPCNSLのPDXモデルは生体における治療反応性を高いレベルで再現できることから,同モデルを用いることで今後の新規治療法開発の進展が期待されます.

本研究は『米国癌学会誌 Cancer Research』に掲載されました.プレスリリースはこちらからご覧ください.