高瀬 創先生がスパズム・シンポジウムで優秀論文賞を受賞しました

高瀬 創先生は、当脳神経外科医局所属の次世代臨床研究センター助教であり、米ハーバード大学で脳血管障害の基礎研究にも従事されてきました。
今回、令和3年3月に開催された第37回スパズム・シンポジウムにおいて、優秀論文賞を受賞されました。
当該論文は、くも膜下出血後に髄液中に放出されたsVE-カドヘリンという蛋白質が、ミクログリアをより炎症性の表現型にシフトさせ、クモ膜下出血における神経炎症や予後不良の原因となるという新しい経路の存在を示したものです。
当教室は、学術面でも引き続き精力的に活動して参ります。

論文ページ:
https://n.neurology.org/content/94/12/e1281.long