長尾景充先生の論文が国際学術誌に掲載されました

長尾景充先生の論文が日本脳神経外科学会の公式会誌”Neurologia medico-chirurgica Case Report Journal”に掲載されました。

長尾景充先生は現在、横浜市立大学循環制御医学教室 助手として研究にも従事されています。横浜市立大学附属市民総合医療センター脳神経外科の勤務時に経験した症例を報告したものです。

本論文では、ひとつの髄膜腫の内部にまったく違うsubtypeの髄膜腫を伴うという非常に稀な症例につき、遺伝子学的考察を踏まえた報告がなされています。

横浜市立大学脳神経外科では、貴重な診療経験を社会に還元すべく、今後も発表・報告を精力的に行ってまいります。