阿部浩征先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

横浜市立大学では、稀な疾患の治療経験を積極的に報告し、医学の発展・治療法の確立に貢献しています。

今回、当教室の後期研修医である阿部浩征先生が、現在留学中の中村大志先生と共同で、頭皮から頭蓋内に至る大型のALK-fusion陽性の悪性リンパ腫に対する治療経験を報告(論文へのリンク)しました。

遺伝子異常を背景に化学療法を選択することで、手術を回避し、大型の悪性腫瘍を治療することが可能でした。このように、横浜市立大学脳神経外科教室では、悪性脳腫瘍に対し積極的に遺伝子解析を行ない、個別化医療を図っております。

当科では今後とも、治療経験を積極的に報告し、同時に後期研修医への学術的指導を継続して参ります。