第37回日本脳腫瘍学会参加の報告

2019年12月1日から3日にかけて石川県で第37回日本脳腫瘍学会が開催されました。山本哲哉教授・菅野洋先生・立石健祐研究室長を含め、9名が参加しました。

横浜市立大学からは、悪性脳腫瘍についての基礎的研究・トランスレーショナルリサーチ・小児の悪性脳腫瘍に対する臨床的報告など、日々の成果を報告しました。

学会では、7時から24時まで充実したセッションが続き、国内・国外の先進的な治療を学び、議論し、明日からの臨床・研究に活かせる内容でした。

横浜市立大学脳神経外科では今後も臨床・研究を通じて先進的医療の提供と学術的貢献を果たしていきます。