Top scoring abstract賞受賞の報告

2019年12月3日 日本脳腫瘍学会において、立石健祐先生の発表がtop scoring abstractに表彰されました。Top scoring abstractは演題の中から優れた発表に対して選出されるものです。

立石健祐先生は中枢神経原発悪性リンパ腫(PCNSL)に対してのトランスレーショナルリサーチとして、マウスモデルを確立し、腫瘍形成の代謝背景を解明しています。

今後、研究成果を国際的な学術誌に発表し、疾患の解明・治療の開発につなげてまいります。