立石健祐先生が分子脳神経外科学会で招待講演を行いました

立石健祐准教授(横浜市立大学大学院 医学研究科脳神経外科/生命医科学研究科 創薬再生科学研究室兼任)が7月22, 23日に金沢で開催された第22回日本分子脳神経外科学会にて招待講演を行いました。

特別企画 「インパクトの高い研究に仕上げるための工夫」をテーマに、「研究遂行:実験、結果の取りまとめ、考察」のタイトルで、新規性、独創性、再現性の 3 原則をいかに客観的に示しつつ論理展開を行うかを主眼に講演されました。