岡田富先生の論文が国際学術誌に掲載されました

横浜市立大学脳神経外科の同門である岡田富先生および藤津和彦先生の論文がJournal of Neurological Surgery Part A, Central European Neurosurgery誌に掲載されました。

論文は、脳深部の手術困難な髄膜腫に対し、後頭頭頂葉間裂および、大脳鎌・テントを開放することで根治的な手術を行なった報告です。

国立病院機構横浜医療センターでは藤津和彦先生を中心に全国でも有数の手術実績を誇ります。他の病院では治療困難な症例に対しても、繊細かつ大胆な手術戦略で多くの手術が安全に行なわれてきました。

本論文からは、手術アプローチを拡大することで、脳へのダメージを低減し、かつ深部の手術困難な病変の治療が可能になることがわかります。安易にアプローチを狭めるのではなく、脳への侵襲や治療の根治性を十分に考慮する必要があると考えられます。

国立病院機構横浜医療センターは横浜市立大学脳神経外科の関連病院であり、レジデントは高度な手術手技を研修することが可能です。また、横浜市立大学脳神経外科では今後も臨床および基礎研究を通じて新たな治療法の確立に向けたチャレンジを進めて参ります。