血管内治療グループが国際学会で発表を行いました

2022年8月21日から25日に国際学会である第16回世界脳神経血管内治療連合学術集会(16th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, WFITN2022 KYOTO)が京都で開催され、秋本大輔先生、鈴木良介先生、三宅茂太先生、櫛裕史先生、飯田悠先生が参加し、臨床・研究成果を発表しました。

横浜市立大学脳神経外科では幅広く脳神経血管内治療に対する治療を行い、その成果を国際学会で報告することで医療の発展に寄与して参ります。