立石健祐先生の総説が「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました

横浜市大脳腫瘍グループの立石健祐講師の総説が2021年4月号の「脳神経外科ジャーナル」に掲載されました。

論文タイトルは「研究成果がもたらす脳腫瘍分子生物学の進展と研究者キャリアの展望」です。脳腫瘍研究を例に、研究の意義や課題について概説するとともに、実際の医療への応用を目指した例として著者自身および横浜市大での研究概要を提示したものです。

横浜市大脳神経外科では、引き続き、学術面でも精力的に活動を行ってまいります。