上野龍先生の論文が国際学術誌に掲載されました。

横浜市立大学脳神経外科では最先端の医療を提供するだけでなく、医学の進歩に寄与する新たな治療法の開発研究も行なっています。

今回、当教室の大学院生である上野龍先生が、同講師の末永潤先生、山本哲哉主任教授との共同研究により、「LOTUS(Nogo受容体拮抗薬)を用いた軸索再生および神経機能回復」(論文へのリンク)を、動物モデルを用いて見いだしました。

脳や脊髄などの中枢神経は損傷に対する再生力が小さいことが知られており、その要因の一つが軸索進展を阻害する「Nogo受容体」であると考えられています。今回、Nogo受容体の拮抗薬を用いて神経再生及び実験動物での神経機能回復が見いだされました。今後さらなる研究を行なうことで、臨床での神経機能回復(運動障害の回復)などに期待されます。

当科では、今後とも様々な研究を通じて新たな治療法の開発にチャレンジして参ります。