脳血管微小解剖セミナーのご報告

2020年1月13日、横浜市立大学福浦キャンパスにおいて横浜市立大学脳神経外科主催の「脳血管微小解剖セミナー」を開催しました。

昨今、血管内治療の隆盛に伴い脳血管微小解剖の知識や、その臨床上の活用は脳神経外科医にとって極めて重要な事項となって参りました。今回、外頚動脈の発生から主要な分枝についての座学、血管内治療指導医による症例検討を通じた臨床での応用を学ぶ機会となりました。

横浜市立大学脳神経外科の清水信行講師、横浜市立大学附属市民総合医療センターの間中浩先生、横浜市立市民病院の増尾修先生、横浜市立脳卒中・神経脊椎センターの中居康展先生による詳細なDSA読影ワークショップでは、若手を中心に大いに発言し、有意義な機会になりました。

これからも時代の要請に合わせた最新の知識を学習し、最新の治療を提供するようブラッシュアップの機会を継続して参ります。直接参加して頂いた先生・live配信でご覧頂いた先生方、どうもありがとうございました。