情報公開について

研究に関する情報公開(オプトアウト)

通常,研究は文書もしくは口頭で説明を行い,患者さんからの同意(インフォームド・コンセント)を得て行われます.これを「オプトイン」といいます.多くの研究はこの「オプトイン」に則り,十分な説明と同意を経てから開始されます.一方で,特定の研究では「オプトイン」に則らない研究も認められています.特に,「観察研究」においては「オプトイン」ではなく,「オプトアウト」による研究を行なうことがあります.

研究のうち,患者さんへの侵襲や介入がなく,人体から取得された試料を用いず,診療情報などの情報のみを用いて行う研究を「観察研究」といいます.観察研究については,国が定めた倫理指針に基づき,必ずしも対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るとはかぎりません.直接同意をいただかない代わりに,研究の目的を含めて,研究の実施についての情報を通知又は公開し,さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされております.このような手法を「オプトアウト」といいます.

研究のために自分のデータが使用されることを望まれない方は,各研究の担当者までお知らせください.また,研究への協力を希望されないことで不利益を生じることは決してありません.横浜市立大学医学部附属病院で行なっている研究についてはこちらからご確認ください.

JND (Japan Neurosurgical Database)

横浜市立大学医学部脳神経外科では一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業に協力し,治療を行なった患者さんのデータベース登録事業を行なっております.本研究事業の詳細はこちらからご確認ください.