脊椎・脊髄

私たちの手術の特徴

当科での脊髄脊椎疾患の手術治療には顕微鏡・拡大鏡を用いたマイクロサージャリーの技術を全面的に用いております.マイクロサージェリーを最大限に活かし合併症を起さないことを第一に考えた術式工程を確立し,専任のスタッフ(日本脊髄外科学会指導医)を配し,徹底した安全管理をおこなっています. 手術成績に関して,各疾患に対しての有効性,安全率などのデータは常に開示できる体制としています.なお当院は脊髄外科学会訓練施設に認定されています.

現在当院で行っている頸椎後方手術です.筋肉を骨構造から一切切離しない方法(筋層構築的手術)では,術前の筋肉の配列がほぼそのままに保たれます.筋肉の萎縮もほとんどありません.術後の首の姿勢もきれいに保たれ,頸部痛も大きく軽減することができます.

この手法は,頸椎変性疾患だけでなく,胸椎,腰椎の病変,脊髄腫瘍に至るまで,応用しています.

脊椎・脊髄疾患の治療目標

脊椎脊髄疾患は生命に関わることは少ない疾患です.むしろ患者さんを悩ます症状を取り去り,仕事や日常生活に難なく復帰していただくことが治療の目標です.それだけに合併症を起こさない徹底した安全管理が大切と考えています.一方で脊髄腫瘍などでは,生命にかかわる場合があります.生命の危機を回避しつつ,機能を可能な限り温存できるよう治療を行っていきます.

脊椎・脊髄疾患

横浜市立大学脳神経外科では精緻なマイクロサージェリー技術を活かし,脊髄脊椎疾患の治療に力を入れています.当科で対象としている疾患は,

  • 頸椎症,頸椎椎間板ヘルニア
  • 後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症
  • 頭蓋頚椎移行部疾患:環軸椎亜脱臼,頭蓋底陥入症,歯突起骨折ほか
  • 腰部脊柱菅狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊髄腫瘍(髄内,髄外,硬膜外),脊椎腫瘍
  • 脊髄空洞症,キアリ奇形
  • 脊髄動静脈瘻,動静脈奇形
  • 脊髄損傷
  • 脊髄先天奇形
  • 手根管症候群,胸郭出口症候群

などです.

治療実績

2006年4月以降2016年12月までの10年間で,専任スタッフ(日本脊髄外科学会指導医または認定医)が携わった脊髄脊椎手術件数(関連施設での依頼手術を含む)は頸椎640例,腰椎368例,胸椎88例,末梢神経40例です.そのうち60%が変性疾患(頚椎症や後縦靱帯骨化症,椎間板ヘルニア),25%が脊髄腫瘍です.脊髄腫瘍,頚椎・腰椎疾患が多数を占めますが,いずれも全国からご紹介を受けています.

脊椎・脊髄疾患の症状

症状の出現の仕方は患者さんごとに様々ですが,手または足のしびれ・いたみ,ぎこちなさ,力が入りにくい,歩きにくさを感じたら,まず脊椎,脊髄疾患を疑います.このような場合には,まず脳神経外科の受診をおすすめします.勿論,脳疾患も念頭にいれ十分にチェックを行います.

外来での専門検査・治療

外来ではしびれや手の使いづらさ,歩行障害などの原因を,神経学的所見を含めて詳細に検索します.勿論,単純レントゲン,MRI,CTをおこない,疾患によってはシンチグラム,PET,神経伝導速度などの検査を行います.MRI,CTではっきりしない時は入院のうえ脊髄造影検査を行うことがあります.いずれにしても,まず保存的治療(手術をしなくてすむ方法:薬や理学療法)を考慮します.

それでもなお症状の改善が得られない場合には,患者さんの生活度にあわせて適切な手術治療を提案していきます.脊椎脊髄疾患は通常,癌のように生命にかかわるような病気であることは稀ですので,治療によって,患者さん本人がいかに満足をして頂けるかを,私たちはいつも念頭において治療にあたっています.術後の経過観察は,1ヶ月,3ヶ月,6ヶ月,12ヶ月,2年,3年…と長期でも欠かさず責任をもって診ていきます.