てんかん

てんかんの外科治療

てんかんの外科治療には,焦点切除術,側頭葉切除術,半球離断術,脳梁離断術,迷走神経刺激 (VNS) など,いくつかの手術方法があります.どのような手術が向いているかはてんかんのタイプや,適応する手術によって得られるメリットとデメリット(リスク)のバランスによって決まります.正しい診断と,それぞれの人にとって手術がどういった意味をもつのかを色々な角度から十分に検討することが重要です.

難治てんかん,薬剤抵抗性てんかん

外科治療の可能性を検討することが推奨されるてんかんの状態のことです.2種類の抗てんかん薬を使っても発作が止まらない場合にこのように呼び,詳しい検査がお奨めされます.

当院で行える検査,診療の特色

横浜市立大学附属病院では,高磁場MRI (3.0T-MRI) やPET,SPECTといった高度な画像診断機器に加えて,2018年度から長時間ビデオ脳波モニタリングシステムを導入し,正確なてんかん診断のための体制が整えられています.また,横浜市立大学附属市民総合医療センターと共同で,診療科横断的(神経内科,精神科,小児科,脳神経外科)な協力体制を構築しており,手術を行うにあたり十分な検討ができるようになっています.

てんかん診療グループよりメッセージ

てんかんを持つ人の割合はおよそ100人に1人といわれています.薬物治療で7割の人は発作が抑制されますが,3割の人は薬剤抵抗性です.薬で止まりにくいてんかん発作にはてんかんの外科治療が有効なことがあります.横浜市立大学附属病院の脳神経外科では難治てんかんに対するてんかんの外科治療を行なっています.てんかん発作でお困りの際は,一度ご相談ください.